東京ディズニーランドの歴史について

東京ディズニーランドの歴史について、記載します。

こちらの情報は未完成ですが、やさしい目でみてください。


■東京ディズニーランドの歴史

 〇1981年 東京ディズニーランドの建設工事開始

  ・完成まで2年

  ・当時の総事業費は1800億円以上

 ◎1983年4月15日 東京ディズニーランド開園

  ・オープン当日は雨だった。

  ・雨に伴い、ワールドバザールにてテープカットが行われた。

   ワールドバザールから東京ディズニーランドの歴史が始まった。

  ・オープン当日は約3000人のゲストが来園

  ・オープン当日に人気を集めたアトラクションは『イッツ・ア・スモールワールド』

   ※2019年4月15日にリニューアルオープン

 ◎1988年 開園5周年 舞浜駅開業

 ◎1993年 開園10周年

 ◎1998年 開園15周年

 ◎2001年 ディズニーリゾートライン 開業

 ◎2003年 開園20周年

 ◎2008年 開園25周年

 ◎2013年 開園30周年

 〇2019年 開園35周年


■パスポートの歴史

 〇1983年 開園当時 『ビッグ10』3,700円

  ・入園券とアトラクション券10枚がセット

  ・アトラクションごとに必要なチケットが決まっていた。

   Bチケット:空飛ぶダンボ など

   Cチケット:グランドサーキットレースウェイ など

   Eチケット:カリブの海賊/ジャングルクルーズ/カントリーベア・ジャンボリー/ホーンテッドマンション/イッツ・ア・スモールワールド/エターナル・シーマジックカーペット世界一周 サークルビジョン360/スペース・マウンテン

  ・Eチケット(別名:E券)は特別なチケットという位置づけ。

   使いきった時の絶望感。

 〇1993年 パスポート 大人:4,800円 

  ・1990年代はチケットホルダーにパスポートを入れるのが人気となっていた。

 〇2019年 1デーパスポート 大人:7,400円

  ・アトラクションなどパークを1日楽しめる

   ※2019年2月からディズニーeチケット(スマートフォン)で入園可能となった。


■パーク・エリア・テーマランドの歴史

 〇1992年~ クリッターカントリー オープン

  『スプラッシュ・マウンテン』も同時にオープン

 〇1996年 トゥーンタウン公開

  ミッキーと仲間達の住む街

  『ミッキーの家とミート・ミッキー』でミッキーに会える!


■アトラクションの歴史

 ◎アトラクション数

 ・オープン当時(1983年):32

 ・現在(2018年):42


 ◎『蒸気船マークトゥエイン号』(1983年~)

  ・開園当時から東京ディズニーランドを見守り続けてきたアトラクション

 〇『ミッキーマウス・レビュー』(1983年~2009年5月25日クローズ)

  ・ミッキー達の演奏会

  ・ミニーの『星に願いを』のソロ演奏

  ・シンデレラのシルエットダンス

  ・現在は『ミッキーのフィルハーマジック』にリニューアル(2011年~)

 〇『スカイウェイ』

  ・ロープウェイ

 〇『ミート・ザ・ワールド』(1983年~2002年)

 〇『シンデレラ城ミステリーツアー』(1986年~2006年)

  ・シンデレラ城の地下を探検するツアー

  ・最後に悪を倒すとメダルがもらえる

  ・現在は『シンデレラのフェアリーテイル・ホール』にリニューアル(2011年~)

 ◎『ビッグサンダー・マウンテン』オープン(1987年~)

 ◎『スプラッシュ・マウンテン』オープン(1992年~)

 ◎『バズ・ライトイヤーのアストロブラスター』オープン(2004年)

 ◎『ミッキーのフィルハーマジック』オープン(2011年~)

  ・オペラグラスをかけて臨場感あふれるディズニー映画の世界へ入り込む

 ◎『シンデレラのフェアリーテイル・ホール』(2011年~)


■ショー・パレードの歴史

 〇東京ディズニーランド ナイトパレード

  『東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード』(1985年~1995年)

 〇東京ディズニーランド10thアニバーサリー・スペクタキュラー

  『イッツ・マジカル!』(1993年)

 〇東京ディズニーランド10thアニバーサリー・キャッスルショー

  『ビバ!マジック』(1998年)

 〇『Club Disney スーパーダンシン・マニア』(2000年)

 〇東京ディズニーランド・ナイトパレード

  『東京ディズニーランド・エレクトリカル』がリニューアル

  『東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ』(2001年)

 〇開園20周年

  『ディズニー・ドリームス・オンパレード』(2003年)

  ・7つのテーマランドをイメージしたフロートが登場

 〇『シンデレラブレーション:ライツ・オブ・ロマンス』(2003年~2008年)

  ・シンデレラ城の前でシンデレラが王女となる載冠式を行う、

   シンデレラの物語の続きが目の前で見られるショー

 〇開園25周年

  『ジュビレーション!』(2008年)

   ・夢を開けを合言葉にしたパレード

 〇開園30周年

  『ハピネス・イズ・ヒア』(2013年~2019年4月9日)

   ・さまざまは"ハピネス"をテーマにしたパレード

 ◎開園35周年

  『ドリーミング・アップ!』(2019年4月15日~)


■ショップの歴史

 ◎メインストリート・シネマ(1983年~2002年)

  ・短編アニメーションを上映

  ・現在はグランドエンポーリアムにリニューアル

 ◎チャイナキャビネット(1983年~1998年)

  ・陶器専門のお店

 ◎グランドエンポーリアム(2003年~)

  ・豊富な品ぞろえを誇るパーク内最大のショップ

  ・通称:エンポ


■ディズニーグッズの歴史

 〇オープン当時のお土産袋は紙袋

 ◎ビニールタイプのお土産袋(2002年~)

  ・ディズニーシーでは2001年~

 ◎イヤーハット 1800円

  ・オープン当初の人気商品の復刻版

 〇ポストカード

 〇テレフォンカード

  ・沢山のデザインがあった

 〇タンブラー

  ・売れ筋商品

 〇ディズニーリゾートライン プラレール


■東京ディズニーランド ポップコーンの歴史

 〇フレーバーの歴史

 ・ソルト(1983年)

 ・ポップコーンに新しいフレーバー『キャラメル』が増えた(1995年)

 ・ハニー(2000年)

 ココナッツ(2003年)

 クリームソーダ(2004年)※2014年にも発売

  『バズ・ライトイヤーのアストロブラスター』の「オープンに合わせて発売

 ・カレー(2004年)

 ・チョコレート ※冬季限定(2006年)

 ・しょうゆバター(2009年)

 ・コーンポタージュ(2012年)

 ・ハラペーニョ&チーズ(2014年)

 ・ホワイトチョコレート(2014年)

 ・オレンジマーマレード(2014年)

 ・ブラックペッパー(2015年)

 ・バーベキュー(2017年)

  ※2018年時点の発売中のフレーバーは7種類

   ソルト、キャラメル、ハニー、カレー

   ミルクチョコレート、しょうゆバター、バーベキュー


 〇ポップコーン、レギュラーボックス

  ・オープン当時は白色のボックス。

   『Tokyo Disneyland』のロゴとシンデレラ城がプリントされていた。

  ・現在は、赤色のボックス。

   上部を折り曲げて持ち運びに便利になった。


 〇ポップコーンバケット 各2,300円

  最初はバケツ型が主流だった。(1998年~)


 〇ポップコーン、リフィル 各520円


■その他

 〇1998年~ 東京ディズニーシーの建設工事開始

 〇2001年 東京ディズニーシー オープン

 

※こちらの情報元は、2018年に放映された『ヒルナンデス!ディズニー35周年特集(Jr.風間くん、浅倉さん出演回)』です。

Yurap Blog

Yurap Blogへようこそ!! 日々の出来事や趣味のネタをアップしていきます。 もし良かったらフォローをお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000